【脱臭】親の介護で部屋のにおいが気になる時の対処法

親の介護をしていると気になるのが「におい」です。

親は一日中部屋にいることが多いため、部屋に体臭が充満して気分が悪くなってしまう方はたくさんいらっしゃいます。

においをなんとかして我慢していても、体はストレスを感じてしまうため、私生活でイライラしやすくなってしまうため、きちんと対処する必要があります。

そのため。ここでは自宅でできる消臭対策をご紹介します。

1.消臭スプレーを使う

まだ消臭対策をしたことがない方は、最初は消臭スプレーを使ってみましょう。においが気になる場所に対して「シューッ」と吹きかけると一気ににおいがなくなるので、すぐに空気をきれいにすることができます。

消臭スプレーは無臭タイプと香りのあるタイプがありますが、香りがある方が精神的に良い影響を与えてくれるためリラックス効果を得ることができます。

どの消臭スプレーがいいのかについてですが、8×4(エイトフォー)のものは心地よい香りがするため、安心して使えますよ。

2.窓を開けて換気する

消臭だけでなく、換気をすることで外の空気を取り入れて、中の空気を外に出す取り組みも重要です。日頃窓を開けていない方は積極的に開けて空気を入れ替えるようにしましょう。

また、窓を開けても風が入り込みにくい方は換気しにくいので、扇風機を網戸に向けて起動させることで空気の出入りを促進することができます。

3.脱臭機を使う

高齢者の加齢臭は壁や衣類に付着しやすいため、消臭対策をしてもどうにもならないと困ることがあります。そういったときには、脱臭機を使用することをおすすめします。

脱臭機は、においの成分を吸収したり、においの成分を分解して無効化する働きをしたりするので、頑固なにおいも解消してくれます。

介護をされている方から人気の脱臭機はオゾンという成分を発生させるタイプです。オゾンはにおいの成分を分解してくれるため、介護施設も導入するほど効果が高いのが特徴です。

オゾン発生タイプの脱臭機は少しお値段が高いのですが、一度使ってみるとその脱臭力のおかげでニオイの悩みはぐ~んと減らすことができますよ。

>>おすすめのオゾンが発生する脱臭機はこちら

The following two tabs change content below.

消臭アドバイザー

においの悩みを解消するための情報を発信しています。消臭機選びで悩んでいる場合にはぜひご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする