【2018年最新版】車の消臭方法まとめ

車は頻繁に利用するものだからこそしっかりと消臭を行っておきたいものです。

日々車を利用していると、タバコ臭・ペット臭・香水のにおい・体臭・食べ物のにおい・カビのにおいなどさまざまなにおいが発生してしまいます。

ここでは車内の消臭に利用されるグッズを人気ランキングで紹介しているので、役立つこと間違いなしです。

オゾン発生器

車の消臭で最も効果を発揮してくれるのはオゾン発生器です。「オゾンって大気圏にある分子で有名だけど、なんで消臭にいいの?」と思われるかもしれませんが、実はオゾンは他の分子を酸化させる働きが強いため、消臭力・除菌力に優れているのです。

文字通り「においの根元から解決してくれる」ので、時間が経つとまたにおいがしてくるということがありません。

中古車販売業者やカークリーニングの事業者様といったプロも認めるほどの消臭力なので、どれにしようか迷っているならこれがおすすめです。

おすすめのオゾン発生器は以下のページで紹介しています。

>>おすすめの脱臭機ランキングはこちら

車用芳香剤

手軽に社内のにおいを消すなら車用の芳香剤を使うのもありです。

車用の芳香剤で有名なのはファブリーズですが、これは固定して設置できるタイプなのでエアコン部分に設置すると空気の流れに乗って香り成分を隅々にまで生き渡らせることができます。

また、香りの強弱を調整できるので好みの量に設定することができます。

といっても基本的には芳香剤としての働きしかないので、しばらくするとまたにおいが立ち込めてきます。また、芳香剤は特有のケミカル臭があるので人によってはきつく感じるケースがあります。

スチーム消臭

スチーム消臭は、車内に消臭成分である銀を含んだ煙を発生させることで消臭を行います。銀はにおいを発生させる細菌の繁殖を抑えます。

また、安定化二酸化塩素が含まれているため殺菌による消臭効果があります。

使用時の注意点としては、消臭後は塩素のにおいが残りやすいので、2~3日車を使用しないときにスチーム消臭をした方がいいです。

重曹

重曹は生活の様々な部分で使用することができる万能なアイテムで、消臭においても効果を発揮します。

重曹を使う場合にはバケツに入れた500ccの水に重曹を大匙二杯分を混ぜて、布巾にしみこませます。付近に水気が多いとシートが生乾きでカビが発生することがあるので、しっかりと絞ってから拭きましょう。

ただ、シートの生地の種類によっては痛んでしまうことがあるため、心配な方は使用を控えてオゾン発生器などを使用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする